システムエンジニア履歴書の動機

システムエンジニアの方の中には、「転職活動をしている」という方もいると思います。
様々な理由から、転職を考えている方がいるでしょう。
転職活動をしていると、書類選考の企業も増えてきていることに気づいている方も多いと思います。
「どうも、書類選考で落とされる傾向にある」と感じている方もいるのではないでしょうか。

システムエンジニアが転職時に履歴書に書く動機、ここが一番重要になります。
システムエンジニアの方の多くは、「今まで、多くの経験を積んできたから、転職なんて楽に出来るだろう」と思っていた方もいれば、「スキルが高いから、簡単に転職先が見つかるだろう」と思っていた方もいると思います。
しかし、こういった方も書類選考でつまずいてしまっている方、多いのではないでしょうか。
書類選考で落とされてしまうということは、履歴書の内容に問題があるということ。システムエンジニアの方の場合には、まずは動機が大きなポイントとなります。

履歴書の動機欄などには、どういったことを記載していますか。
どうしてこの企業に応募したのか、どうしてこういった職種を選んだのか、前向きな内容となっているでしょうか。
ここで印象に残る様な内容になっていなければ、「主張性が弱いな」と感じられ、弾かれてしまう可能性があります。抽象的な内容となっていれば、「具体性がないから、どういったことを目指しているのか分からない」と思われてしまう可能性もあるでしょう。
それだけ、動機というのは大きなポイントとなるということ。
システムエンジニアの方は、履歴書にも具体的に自分の長所も含めた動機を記載していくことが大切。自分の強みを押し出すことが出来れば、書類選考も通りやすくなりますよ。

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です