システムエンジニアの履歴書によるPR方法

転職をする際には、どんな職種の方でも履歴書が必要となりますよね。
システムエンジニアの方も、転職活動をはじめると履歴書作成から始める方も多いと思います。
しかし、何度か履歴書を送付した方の中には、「この履歴書では、自分をアピール出来ていないみたいだなぁ」と感じている方もいるでしょう。書類選考などで落とされてしまうと、ショックなものですよね。

転職活動をしているシステムエンジニア中には、経験者もいれば未経験者の方もいると思います。
経験者の方であれば、やはり今までどういった仕事に携わってきたのか、その実績を明確に伝えていくことが大切す。どういったプロジェクトに参加し、どういった立場で仕事を進めてきたのかなど、明確に記載していくと良いでしょう。
チームリーダーなどを任された場合には、この経験も大きな評価となります。
コミュニケーションスキルもあると評価されることになりますから、履歴書の印象も変わってくるでしょう。
多業種からの転職で、システムエンジニアを目指す方は未経験の方となりますから、想像力や向上心といった思いを伝えることが重要です。

また、これからどういった仕事をしていきたいのか、やる気を伝えることが出来れば、未経験でも採用される可能性はあるでしょう。
以前までは履歴書のみでしたが、現在では詳しい内容が記載出来る様に職務経歴書を求めているところがほとんどなので、これらを上手に使って自己PRを行っていくのもポイントです。
履歴書は、単なる書類ですから「これでは、自分をわかってもらえない」と思っている方も多いと思いますが、転職活動の際には履歴書が第一歩となりますから、出来るだけ興味をもってもられる内容にしましょう。

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です